ブログ 理容よもやま話
FC2ブログ
理容師さんが愛用するカット用ハサミメーカーというと、
ジョエルブランドを持つ東光舎であったり、ヒカリという有名どころがあるけど、
理容競技大会に出場する選手に人気なのがシザーズ内山。


理美容室で使われるハサミは、機械で作られるものが多いけど、
このシザース内山製のハサミは、1本1本がすべて職人による手作りで、
決して大量生産が出来ないという究極のハサミ。


職人の言葉というのは重みを感じることが多いけど、
ちょっとした言葉からも、モノづくりにかける心が伝わってきます。
そんな言葉を少しご紹介しますね!


当社では、私を含めた4人の職人が、
一丁一丁に心を込めてお客様の大切な鋏を手造りで仕上げております。

現状に満足せず、常に「プロのお客様にとって本当にご満足いただける鋏、
本当に深い愛着をもっていただける鋏」をいかにして創り上げるかという、
強い信念をもって、日々取り組んでおります。


そんな会社にお願いしてオリジナル商品として製作していただいたのが、
今回ご紹介する、東京理容用品商業組合限定となるカットシザー。


20200223_1.jpg


長さは7.0インチと一般的なサロンワークで使いやすい長さで、
男性にも女性にも使いやすいオールマイティー型となっています。


20200223_2.jpg


ネジは板バネを入れた自在ネジとなっているので、
刃を開閉する際の指にかかる重さを自分で調整することが可能です。


20200223_3.jpg


今回、使用している材質は日立金属製の「ATS314」という鋼材で、
高い硬度、優れた耐摩耗性を持つステンレスコバルト合金の一種です。
この鋼材は、鋭い切れ味といつまでも続く長切れを誇り、
2枚の刃を合わせて使うという独特の刃物であるハサミに使われる金属の中で、
トップクラスの品質を持ったものです。


しかし、材質が良ければ良いハサミが作れるのかというと、
それほど簡単な話ではありません。
良いハサミづくりには、いくつかの条件があると言われています。
それが「材質+加工精度+熱処理+鋏職人の技」です。


このすべてが最高レベルで組み合わさった時、
初めて高品質なハサミが仕上がってきます。


20200223_4.jpg


そして、ハサミの命とも言われるのがネジの後ろにある触点も、
1本1本を完璧に仕上げるため、最高レベルの仕上げが施されています。


20200223_5.jpg


このハサミの商品名はシザーズ内山TK70ということが分かる刻印が、
ハサミの裏面ネジ元に打ち込まれていますね!


20200223_6.jpg


以前、テレビ番組の中で原宿の美容師さんを取り上げた企画の中で、
使っているハサミの紹介があり、その美容師さんが語ったのがこんな言葉でした。


このハサミを使うようになってから、他のハサミは使えなくなりました。
普通は定期的にメンテナンスがいるんですけど、
メンテナンスなしで、キレイに、そして長く使えるんですよ。
ずっと切れ続けるんです。



競技大会を目指す方だけでなく、こうしてサロンワークでも活躍するので、
ぜひ、この機会にお求めになってくださいね!
なお、ハサミはこのような木製ケースに入っていて、
中には、フィンガーガイドという、指穴の大きさを調節するパーツが同梱されます。


20200223_7.jpg


こちらのシザーズ内山TK70はサロン価格55,000円(税別)となりますが、
限定100丁だけ、45,000円(税別)でご提供させていただきます。
シザーズ内山製ハサミの通常販売商品が最低でも7〜8万円以上はするので、
かなりお得な価格じゃないかと思いますよ♪


なお、お買い求め、お問い合わせはお取引のディーラーか、
FacebookメッセージかLINEトークから、私までご連絡ください。
よろしくお願いします。



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
スポンサーサイト



新製品
ブログを書きたいけど、いつまでもネタが続かない…
そんな理容師さんにお伝えするのが、答えはお客様の質問の中にあるということ。


簡単に言うと、同じような質問を二人以上のお客様から聞かれたら、
それは、お客様が知りたいと思っている事ですよ!ということなんです。


ブログって、自分が書きたいことをついつい書いてしまうけど、
読者が本当に読みたいと思っているのは、書き手が書きたいことよりも、
自分自身が知りたいことが書いてあるブログなんですよね♪


今回も、複数の方からお問い合わせがあったのでご紹介しますね!


ご質問をいただいたのは、お取引のない女性理容師さんで、
LINE公式アカウントから送られてきた、初めてのトークでのお問い合わせ。


先日のブログ記事で、お顔そり美容法DVDを動画にしたものを、
スマホで見られるようにしていますよ!ということをお伝えしたけれど、
「スマホで見られる動画ってどんな感じですか?」ということと、
「料金はいくらかかりますか?」という2点の質問でした。


私からはこんな内容でお返事をさせてもらいました。


こんにちは!

お顔そり美容法DVD発売元の許可をいただいた上で動画形式に変換して、
自社のホームページに置いたものです。

DVDをお求めいただいた方にだけ、自由に見られるように提供しています。
当社からお求めいただいた方は、販売履歴から確認が取れるのですが、
他社からお求めの場合は確認が取れないため、
お手元にあるお顔そり美容法DVDを写メに撮って送っていただければ、
閲覧できるようにいたします。

よろしくお願いします😊


すると、ほどなくDVDの写メが送られてきたので、
動画をご覧いただくための手順を送信♪


20200221_1.jpg


自分は他の会社でお顔そり美容法DVDを買ったのだから、
スマホをで見られるようにはしてくれないかな?と思いながらも、
勇気を出して、連絡をくれたんだろうな~(笑)


他にも、そんな女性理容師さんがいるかも知れないし、
「こんなこと聞いたら失礼になるんじゃないかな…」とか思って、
問い合わせもしない方の方が多いと思うんですよね!


だからこそ、二人以上から同じ質問を受けたら、
実はその何十倍もの人が、知りたいと思っている事だったりします。


つまり、同じ質問が来たら、それはお客様が知りたいこと!と考え、
ブログ記事で発信したり、次からの記事で言葉を添えるなどして、
より質の高い記事へと変えていくことに活かしていきましょう!


同じ質問が二人以上から来たら、「チャ~ンス!!」と思ってくださいね(笑)



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
お顔そり美容法
テレビや新聞を始めとしてネットニュースでも大きく取り上げられ、
人ごみではマスクをする人が8割方を占めるようになっています。


ドラッグストアからはマスクや除菌剤や除菌シートも消え、
理容サロン向けの使い捨てマスクやエタノール消毒液、
ウィルプロテクトなどの次亜塩素酸消臭消毒液が品薄となり、
ご注文からお届けまで、お時間をいただく状態になってきています。


自分も普段から、営業車の助手席にアルコールタイプ除菌シートを置き、
車の中で食事をするときなどに手拭きとして使っていたけど、
これもあっという間に棚から消えてしまった(汗)


20200220_5.jpg


営業中に通りで見かけたドラッグストア何軒かを見て、
何とか詰替え用3コ入りを買うことが出来て一段落したけど、
しばらくはこうしたものを買うのは難しいかも。


と、そんなところへ商品流通はもちろん、セミナーやイベントも開催する、
理美容商社から一通のFAXが送られてきました。それが、


新型コロナウィルス感染拡大に伴うセミナー及びイベントの中止のご案内


内容を読んでみると、新型コロナウィルス感染症が拡大している状況なので、
来場者および関係者の健康と安全面を最優先に考慮し、
セミナー及びイベントの開催を急遽、中止することになったと書かれている。


理容サロンの皆さんにすでにご案内を済ませたイベントの中で、
中止が決定したセミナーは、下記の3つとなります。


20200220_1.jpg


20200220_2.jpg


20200220_3.jpg


また、お客様の安全が確保できるまでは、
大人数でのセミナー及びイベントの開催は、自粛する方針のようです。


すでにお申し込みをいただいた理容サロン様には、
申込み受付ディーラーから個別にお知らせが行くかと思いますが、
せっかくのセミナーをお断りして申し訳ありません。


なお、マスクは当面の入荷見込みはありませんが、
エタノール消毒液、次亜塩素酸消臭除菌剤などの業務用サイズは、
数は限られているものの、少しずつ入ってきていますので、
ご予約での受付とさせていただいています。


ご不便をおかけしますが、よろしくお願いします。



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと
今月から入社した、次女のダンナは33才。
インターネットが自由に使えるようになったのが、1995年に発売された、
Windows95くらいからだったから、その頃は8才だったんだね~。


ということは、物心ついたころからパソコンやインターネットがあり、
Microsoft WordやExcelが使えるのは当たり前!
さらには自分がオリジナルPOPを作る時にいつも使っている、
Adobe IllustratorやPhotoshopもそれなりに使えるというから心強い!


そんな時、次女から申し出があったのが紙資料での保存を、
電子化した方が良いのでは?という提案!


これは自分もそう出来ればいいな!とずっと思っていたことだし、
自分自身の資料はすべて電子化していたこともあったので、
次女とダンナが作業してくれるのならこの機会に一気に!ということで、
過去の紙資料を電子化するために作業用にノートPCを1台購入。


20200219_1.jpg


今までもデスクトップ用にはDELLのマシンを買ったことがあるけど、
ノートPCは初めてということもあり興味津々。


さっそくWindows10のセットアップを開始し、各種設定を進める。
「これには数分の時間がかかります」と表示されているけど、
それほど待たされることなく、ユーザー登録画面へ進み、セットアップが完了!


20200219_2.jpg


20200219_3.jpg


初めてのDELLノートPCだけど、全体の質感が高く、使いやすそう。
ただ、Back spaceキーだけが妙に小さくて気になるけど(汗)


今回、紙資料をスキャナーで読み込んで電子化することを考えているけど、
ベースにするアプリケーションは「Evernote」というソフト。


20200219_4.jpg


これは自分が2011年から使い始めた電子ノートで、
テキストや画像はもちろんのこと、音声ファイルや動画ファイル、
Microsoft Wordファイル、Excelファイル、Power Pointファイルであったり、
あらゆるアプリケーションデータが1枚のノートに混在して保管出来てしまう。


それにページ数は無制限だというし、クラウドベースだから、
会社のデスクトップPCでも、自宅のノートPCでも、出先のiPhoneでも、
同じものを見ることが出来るし、とにかく検索機能が優れていて、
探したいキーワードを入れれば、それがテキストという文字でなくて、
画像の中にある文字であろうが、pdfファイルの中に記述されている言葉であろうが、
一発で見つけ出してしまう!


そんな便利なものなので、もらった商品パンフレットはまずスキャンするし、
いただいた名刺はもちろん、自分宛てに送られてきたFAXや請求書、
大切な保険証券やローン返済予定表(汗)、取扱説明書など、
なんでもかんでも、スキャンしてEvernoteに放り込んでしまう。


最近は、取扱説明書はウェブからダウンロードすることも出来るので、
スキャンすらせずに済むこともあります。


だから、あの資料はどこにあったっけ…とか、
あの商品パンフレットはもう残っていなかったよな~とか、
あの契約書はいつごろのものだったっけ…といったお悩みもなく、
もらっていれば必ずEvernoteに入っているという状態。
逆にEvernoteに入っていなければ、もらっていないと言い切れる自信(笑)


このソフトを使い始めたのは50代になってからだけど、
人の記憶って年齢と共に怪しくなって行くじゃないですか?!
20代の時に覚えられていたことが、30代では少し減っているのを実感するし、
それが40代、50代とどんどん記憶することが難しくなってくる。


そんな自分を感じていたから、記憶することをやめ、電子記録することに♪


それじゃ、手書きの手帳は使わないのかというと、
スケジュールはiPhoneに入れたアプリを使っているけど、
ミーティングや会議の記録、講習中に気付いたことの書き留め、
また、自分の頭の中を整理するために、とりあえず書きだしてみるなど、
手書きの手帳は相当なボリュームで使っています。


この手帳は、1週間に一度のペースでスキャナーで読み込み、
いつでも、どこでも、もちろん、手帳を持ち歩いていない遊びの時でも、
気になる時には、いつでもiPhoneから閲覧できるようにしています。


このアナログ手帳をスキャナーで読み込んでおくという操作は、
お顔そりをされている女性理容師さんの場合だったら、
手書きのカウンセリングシートであったり、来店履歴欄に記入された、
お客様のお肌のこと、店販品のこと、世間話などもスマホで見られることに♪



それが、いつであってもどこであっも見ることが出来るから、
出先で届いLINE公式アカウントへの次回予約の申し込みであった時でも、
前回の記録を即座に見ることが出来たりします。


ちなみに、Evernoteはとりあえずは無料で使うことが出来るので、
最初は無料プランから始めて、便利だし仕事にも役立ちそう!と思ったら、
月額600円のプレミアムプランに変更できることも出来ます。


自分の場合は年払い契約にしているけど、去年11月の支払いは5,200円。
月額600円だと年間7,200円になるはずだけど、なぜか2,000円も安い?
早くから使っている人には割引が継続されているのかも???


ということで便利に使っているEvernoteを会社として使うことで、
紙資料の大量保存から、クラウドを使った電子データ保存方法へと変え、
紙の山を少しでも片づけて行こうと思ってます♪


使ってみたけど、使い方で分からないことがあるという方には、
自分の分る範囲内にはなりますが、使い方をサポートしますので、
それこそいつでも、どこからでもご相談くださいね!



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
日々のこと
お顔そり美容法を学びたいけど、シェービングスクールは敷居が高い…
お顔そり美容法を詩っているけど、今一つ自分の技術に自信がない…
そんな方のために用意されたのが、講師2名で生徒4名枠というプチスクール。


募集開始早々に4名の定員が埋まってしまったことから、
急きょ、3月スタートコースを追加開催することになったけど、
一人がプチスクールでなく、シェービングスクール6回コースに変更されたり、
もうお一人が、具合が悪くなって参加を取りやめるなどがあり、
講師2名、生徒2名というマンツーマンスクールになった第1回プチスクール。


20200217_1.jpg


スタートはお互いを知るための自己紹介から。
お二人とも、男性カットと女性お顔そりの両方のお客様をされる方で、
お悩みも女性お顔そりと男性ひげそりの料金格差であったり、
男性客でお顔そり美容法を受けたいとお客様の話であったりと、
技術の悩みというよりは、集客面での話題に展開が多かったかな?


いきなりの無茶振りで、こっちにも自己紹介が回ってきたけど、
こうしたスクールをしているお二人の講師を見て思うのは、
今、講師として目の前でお話されている二人と出会った時のこと。


佐藤まどか先生は7年ほど前に初めてお会いしたけど、
その頃、女性お顔そりが月に5~6人ほどしかなかったのに、
今では毎月120名以上の来客、さらにはご主人のヘルプも月に100人と、
とってもお忙しいお店になり、その上、お顔そり美容法を教える立場にいる。


もうお一人の瀧本由美加先生は4年くらい前だったかな?
最初のご相談は、月に10万円の売上アップするためには、
どうしたら良いですか?何をしたら良いですか?ということだったっけ。


「月に10万円でいいんですか?お顔そりを伸ばせばすぐ出来ますよ♪」


そうお話ししたら、ご夫婦で目を丸くしていたっけ(笑)
でも、たった4年後には、毎月100名以上の女性お顔そりをされ、
お顔そり美容法講師になっているんですよね~


さてさて、実技練習に入る前に基本的なお話をいくつか。


お顔そりで大切なのは、毎月来店されるお客様を増やすこと。
月1回のお客様+2~3ヵ月に一度来店されるお客様=月間来客数となるので、
どうやって毎月のお客様を増やしていくのかを学んでいくことが大切であること。

自信のない仕事だと、料金にも自信を持てなくなってしまうこと。

自分はお顔そりで集客する!と決めて、技術力アップに力を入れだしたら、
口コミ客、紹介客が一気に増えてきたというご自身の体験談。

講習に参加したり、メニューを増やすと何となく安心するけど、
逆に、自分の強みをハッキリさせることで自信につながったことなど、
自分自身が通ってきた道を話してくれるので、生徒にもしっかり伝わる。


こうした約1時間の座学に続いて、いよいよ技術力チェック!
まずは、いつもお店でやっているクレンジング工程をしてもらい、
生徒が修正すべき点を拾い上げていく。


20200217_2.jpg


今回のお二人は、お顔そり美容法工程は順番通りに出来ているけど、
お客様との呼吸を合わせることが出来ていないようで、
本来は4〜4分半かけるクレンジング工程が2分半ほどで終わってしまう。


ここからは、手取り足取りで直すべき箇所を修正していく。
正しい手順だけでなく、どの筋肉をとらえているのか、
どの筋肉をほぐすのか、どのくらいほぐすのかを考えながら行っていく。


20200217_3.jpg


20200217_4.jpg


タオルの載せ方も正しい方法を確認。
ちょっとした違いでもお客様の感じ方が大きく変わるのがタオルワーク。
自分の載せ方と講師の載せ方を見比べ、ここも修正する。


20200217_5.jpg


拭き取り工程は、お顔そり美容法DVDを繰り返し見ていても、
指がタオルの下に入ることから指の使い方が見えないので、
細かな指の使い方、タオルの中での手の使い方などを習っていく。


20200217_6.jpg


「クレンジングを制する者はお顔そりを制する」と言うけど、
ここまでのクレンジング工程の修正、タオルワークの見直しだけでも、
実際にお客様に提供すると、お客様の反応が変わるのが分かるというから、
まずは、ここまでの修正箇所を家に帰ってからもトレーニングし、
そしてお客様を施術し、しっかりと自分のものにすることが大切じゃないかな!


なお、3月スタートコースも、すでに申し込みが入っているけど、
人数が減ることも考えて、キャンセル待ちを受けるかも?と聞いているので、
この記事を読んで、「私も技術力を上げたい!ぜひ参加したい!」という方は、
Facebookメッセージ、LINEトークで私までお問い合わせください♪



理美容総合商社 (株)大和理器 東京都杉並区高円寺北2-29-8 03-3338-5214(代)
お顔そり美容法
 | HOME | Next »